• 企業家倶楽部
  • 企業家チャンネル
  • 企業家賞
  • 企業家大学
  • インターン生募集

企業家賞企業家賞

2009年度 第11回企業家賞

第11回企業家大賞

ニトリ 社長 似鳥昭雄(にとり あきお)氏

 

第12回企業家大賞を受賞したニトリの似鳥昭雄社長は、住まいをトータルにコーディネイトするホームファッションの思想と「品質・機能をともなった価格2分の1」のコンセプトで業界に革命をもたらした。10兆円企業を目指し、流通革命の旗手として家具・インテリア市場を牽引してきたことが評価された。

第12回企業家賞を受賞した経営者の評価ポイント

エフピコ  小松安弘 会長

 

エフピコの小松安弘社長は、業界初カラートレーの導入や、軽量化の徹底、リサイクル事業を武器に一貫して高付加価値品を追求する。現在では食品トレーで国内シェアトップ(30%)を誇る。売り場への提案力を強みに、小売業の売上増加に貢献している点が評価された。

朝日インテック  宮田尚彦 社長

朝日インテックの宮田尚彦社長は、極細ステンレスワイヤーロープ等の開発・製造・販売を通して、OA機器の小型・軽量化や最先端医療分野の技術革新に貢献している。特に国内で初めて製品化に成功した直径0.35ミリの極細ステンレス鋼線「ガイドワイヤー」は、心筋梗塞などへの治療(PTCA)に寄与しており、その高い技術力が評価された。

 

ウェザーニューズ  石橋博良 会長

気象情報は航海では人々の生命、財産を守る上で不可欠のサービス。提供している意義は大きい。商社マンだった石橋の手配した船が急速に発達した低気圧により沈没、尊い生命が奪われた。ショックを受けた石橋は、これをきっかけに船乗りの命を守ることに人生をささげることを決意。自身の思いを貫き通し、世界最大の気象予報会社をつくった功績は賞に値する。

エヌ・ピー・シー  隣 良郎 社長

エヌ・ピー・シーの隣良郎社長は、食品の真空包装機で培った強みの真空技術を転用し、現在世界中で注目されている太陽エネルギー分野において、世界で通用する技術と商品を育て上げた。

太陽電池製造の「モジュール工程」の製造装置で、世界シェア46%を誇っており、環境問題の解決につながる太陽電池市場で確固たる地位を築いた功績が評価された。

 

日本風力開発  塚脇正幸 社長

蓄電池付きの風力発電施設など世界初のクリーンエネルギー発電施設を作り出した。風力発電の需要は益々伸びることが予想され、今後も高い成長が見込まれる。環境問題の解決に取り組む姿勢に加え、事業の継続性の高いビジネスモデルを構築した点も評価に値する。

 
フリービット  石田宏樹 社長
ISP(インターネット・サービス・プロバイダー)のためのISPという、まったく新しいサービスを開発し成長した。専門知識のない人でも、インターネットサービス会社を運営できるようにした功績は大きい。ITの世界で、日本発の世界標準になる商品・技術を生み出したいとする夢と理念に期待したい。


当日のプログラム

プログラム 
13:30 開場
14:00 開会挨拶
14:10

第11回企業家賞記念講演会

「不況こそ飛躍のチャンス ニトリのグローバル戦略」

講演者 ニトリ 社長 似鳥昭雄氏

15:10

「真のアントレプレナーへの道」

講演者 ウェザーニュース 会長 石橋博良氏

16:00

年間優秀企業家賞発表・授賞式
企業家章受賞者への表彰状・トロフィーの授与
永守重信審査委員長による講評
受賞者の喜びの一言
記念撮影

17:20 閉会

 

受賞者

企業家大賞  ニトリ           似鳥 昭雄 社長  
企業家賞   エフピコ          小松 安弘 会長
企業家賞   朝日インテック       宮田 尚彦 社長
企業家賞   ウェザーニューズ      石橋 博良 会長

企業家賞   エヌ・ピー・シー      隣 良郎  社長

企業家賞   日本風力開発        塚脇 正幸 社長

企業家賞   フリービット        石田 宏樹 社長

 

審査委員メンバー

審査委員長 日本電産社長 永守重信氏

審査委員 

 ファーストリテイリング会長兼社長 柳井正氏

 エイチ・アイ・エス会長 澤田秀雄氏

 静岡産業大学教授(元日本経済新聞社論説委員)小山博之氏

 千葉商科大学名誉教授(元日本経済新聞社論説副主幹)三橋規宏氏

 日経BPコンサルティング社長 高橋銀次郎氏

 一橋大学イノベーション研究センター教授 米倉誠一郎氏

 企業家ネットワーク代表 徳永卓三

年間優秀企業家賞の趣旨

この賞は年間を通して、その年に最も活躍したベンチャー経営者に贈る。現在の成績はもとより、将来性、社会貢献度、特にこれからの日本社会を支える若い人たちに夢を与える企業活動を高く評価。新しい企業文化をつくっている経営者を表彰することで、日本経済の活性化に貢献しようとする賞。今回で14回目。昨年の企業家大賞受賞者はおらず、2010年は楽天の三木谷浩史会長兼社長、2009年はニトリの似鳥昭雄社長、2008年はアリババ・グループのジャック・マーCEO、2007年はテンプスタッフの篠原欣子社長、2006年は日本電産の永守重信社長、2005年はソフトバンクの孫正義社長、2004年はファーストリテイリングの柳井正会長、2003年はカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の増田宗昭社長、2002年はぴあの矢内廣社長、2001年はプラスの今泉嘉久社長、2000年はパーク24の西川清社長、1999年の第1回目の大賞受賞者はエイチ・アイ・エスの澤田秀雄社長(当時)だった。

 

企業家賞受賞者の条件

1. 社会貢献的要素の高い事業を展開、世界ブランドを目指している創業経営者

2. 既成概念にとらわれず果敢にチャレンジしている企業家

3. 斬新な発想を持ち、創造力あふれる21世紀型の経営システムを構築している企業家

4. オンリーワンの独創的技術を開発している企業家  

 

企業家賞授賞式
インターンシップのご案内

ビジネスの最前線を知りたい!
メディアの真髄を知りたい!
本当の自分を知りたい!

企業家倶楽部では、随時インターン生を募集しています。実社会を学びながら、創業者たちの熱い魂に触れてみたいという熱意ある方を募集しています!

インターンを申し込む

お知らせ

一覧へ

イベント案内

一覧へ