• 企業家倶楽部
  • 企業家チャンネル
  • 企業家賞
  • 企業家大学
  • インターン生募集

インターン生募集インターン生募集

K.S.さんの声

価値観が変わったターニングポイント

名前:K.S.

出身大学:中央大学
インターン期間:2015年8月~2017年2月(当時大学3~4年生)

なぜ弊社のインターンに関心を抱いたのですか。

 出版業界に興味を持っていたので、雑誌作りに携われる点に惹かれました。また、長期で実際の業務に携われるインターンを希望していたのも理由です。裁量と責任のある仕事を続ける中で、仕事のやりがいや大変さを知るとともに、自分を成長させたいと思いました。

弊社のインターン活動はどうでしたか。苦労話も添えてお願いします。

 働くことへのイメージが変わりました。以前はネガティブなイメージが強かったですが、仕事ならではのやりがいがあることを実感したからです。企業家や企業家ネットワークの方々は、自分の仕事に誇りを持ちイキイキと働いていました。彼らの前向きな言葉や行動を目にするうちに、自分自身もそうした姿勢で仕事に取り組みたいと思うようになったのです。
 また記事が以前より上手に書けた時、周囲と助け合い雑誌を完成させた時の充実感は今までにない感覚でした。裁量ある仕事をさせていただいたことに感謝しています。
 苦労したのは、業務量や担当する記事が増えてきた際に、時間内での仕事の密度を高めることでした。100%の出来を目指して大量の時間を注ぎ込むだけでは間に合わないので、「1時間でこの程度まで完成させる」という意識を強めました。

最も印象的だった取材先は誰でしたか。

   無印良品で有名な良品計画の前会長、松井忠三氏です。同社が赤字だった時代に社長となって業績をV字回復させたお話を伺いました。原価で38億円分の商品在庫を焼却した決断など、経営者の責任の重さと実行力に圧倒されました。

自分の将来設計にどう影響しましたか。or 現時点の夢は何ですか。

「こんな社会人になりたい!」。そう思える方に数多く出会えたので、自分が今後働いていくうえでの目標像が生まれました。また、「どんな仕事に対しても、楽しむための努力をしよう」と考えるようになりました。例えばAI(人工知能)に関する記事の執筆で、「AIが普及した未来の話を書くことで、読者の方に具体的なイメージを持ってもらおう」と考えるなどの小さな工夫が、楽しさに繋がったからです。社会人になっても、そうした姿勢で働きたいと思います。

 

インターンを考えている学生へのメッセージ

 取材や記事の執筆など、これほど責任ある仕事を経験できるインターンはそうそう無いと思います。 そんな環境だったからこそ、自分の持っていたイメージや価値観が変わるほどの大きな経験を出来ました。「あの時インターンに申し込んで良かった」と心の底から思います。少しでも興味とやる気が沸いたら、応募してみて欲しいです!

戻る

先輩たちの声
よくある質問
お申込み
企業家賞授賞式
インターンシップのご案内

ビジネスの最前線を知りたい!
メディアの真髄を知りたい!
本当の自分を知りたい!

企業家倶楽部では、随時インターン生を募集しています。実社会を学びながら、創業者たちの熱い魂に触れてみたいという熱意ある方を募集しています!

インターンを申し込む

お知らせ

一覧へ

イベント案内

一覧へ

わたしたちは企業家のためにコンテンツを生み出す会社です
  • 企業家倶楽部
  • 企業家チャンネル
  • 企業家賞
  • 企業家大学
  • インターン応募はこちら
  • 当社メディアサイトはこちら